ラックス光の才女

ラックス
攻撃力
防御力
魔法攻撃
難易度
ロール Mage / Support リリース日 2010/10/19
ステータス Lv1 上昇値 Lv18 ステータス Lv1 上昇値 Lv18
体力 477 79 1820 物理攻撃力 53 3.3 109
体力自動回復 5 0.55 14 攻撃速度 0.625 1.36% 0.77
MP 384 47 1183 物理防御 18 4 86
MP Regen 6 0.8 19 魔法防御 30 0 30
移動速度 330 基本射程 550

スキル一覧

ラックス_passive

イルミネーション(Passive)

攻撃スキルが命中した対象に6秒間「イルミネーション」のデバフをかける。
この状態の対象にラックスの攻撃が命中すると、エネルギーが爆発して追加魔法ダメージを与える
(追加ダメージの量はラックスのレベルに比例する)。

LuxLightBinding

ライトバインド(Q)

指定方向に光の玉を発射し、2体の敵ユニットに50/100/150/200/250 (+0.7) の魔法ダメージを与え、2秒間スネア効果を付与する。
Cost: 50/55/60/65/70マナ
Range: 1175
CD(s): 15/14/13/12/11

LuxPrismaticWave

プリズムバリア(W)

指定地点に向けて杖をブーメランのように投げ、触れた味方チャンピオンと自身に3秒間、耐久値50/65/80/95/110 (+0.2)のシールドを付与する。指定地点に到達すると杖はラックスに戻り、再度触れた味方チャンピオンと自身に3秒間、耐久値50/65/80/95/110 (+0.2)のシールドを付与する。
Cost: 60マナ
Range: 1075
CD(s): 14/13/12/11/10

LuxLightStrikeKugel

シンギュラリティ(E)

指定地点に光を設置し、設置した範囲内の敵ユニットに25/30/35/40/45%のスロウ効果を付与する。発動から5秒間経過するか、再度スキルを使用すると光は爆発し、範囲内の敵ユニットに60/105/150/195/240 (+0.6) の魔法ダメージを与える。
Cost: 70/85/100/115/130マナ
Range: 1100
CD(s): 10

LuxMaliceCannon

ファイナルスパーク(R)

指定方向にまばゆい光線を発射し、直線上の敵ユニットに300/400/500 (+0.75) の魔法ダメージを与える。「イルミネーション」を付与した敵に命中すると光エネルギーが爆発して追加魔法ダメージを与え、再度「イルミネーション」を付与する。
Cost: 100マナ
Range: 3340
CD(s): 80/65/50

ストーリー

デマーシアの規範たる軍人一家の名門、クラウンガード家に生を受けたラクサーナは、生まれながらにして輝かしい将来を約束されていた。一家でただ一人の女児だったラックスは、幼い頃から名家の子女にふさわしい英才教育を受け、クラウンガード家にふさわしい豪奢な社交パーティにも顔を出した。やがて成長を重ねるにつれて、ラックスには特別な才能が備わっていることが明らかになっていく。彼女はその能力により、実在しないものすら見たことがあると人々を信じさせることができた。また、遮蔽物のない場所で姿を消したり、更には誰かが魔法を使うところを一度見ただけで、その仕組みを理解し、再現したりできたのである。神童と讃えられたラックスは、デマーシア政府や軍部はもちろん、市民からも大いに愛されることとなった。

ラックスは、女性としては史上最年少で魔法学院の審査を受けた一人だったが、その際に光を操るという珍しい能力の持ち主であることが判明する。若きラックスは、その才能を大切な授かり物として受け止め、世のために役立てるべきだと考えた。やがてラックスの特殊能力を知ったデマーシア軍は、彼女を軍務に迎え入れ、秘密工作の訓練を施すこととなる。以後、危険な任務を次々と成功させていったラックスは、瞬く間に有能な軍人として広く名を知られるようになった。そしてついにはノクサス最高司令部の内部に直接潜入し、同国とアイオニアの紛争に関する重要な内部情報の入手に成功したのである。この功績によってデマーシアとアイオニアの両国から大いに称賛されることになったラックスだったが、偵察や諜報の任務を続けることを彼女は望まなかった。あくまでも人々を照らす光になりたいと願った彼女は、兄の足跡を辿ってリーグ・オブ・レジェンドの門を叩いた。そして才能を存分に発揮することで、今日もデマーシアの人々に希望を与えている。

「他者を導くラックスの光を、敵は恐れている。だが最も恐ろしいのは、光が消えたときなのだ」
- デマーシアの勇士、ガレン

コメント

ページ上部へ戻る